生きがい情報士と生きがい情報を求める方のための「広場」

ホーム › ニュース:ネットワークづくり

ネットワークづくり ニュース

シニアネットフォーラム21in東京 2009(2009/1/30掲載)

【財団法人ニューメディア開発協会主催】

 

▽日時:平成21年2月26日(木) 10:30~17:45

      27日(金) 10:00~15:45 (懇親会 26日(木) 18:15~20:00)

 

▽会場:日本青年館

   〒160-0013 東京都新宿区霞ヶ丘町7番1号

▽定員:約200名

▽参加費:無料

 

▽参加対象

・シニアネットへの参加や新規設立等シニアネットに関心のある方

・シニアネットのメンバーの方・団塊の世代の方

・シニア情報生活アドバイザーの方

・自治体で高齢者問題やコミュニティビジネス,NPO活動推進をご担当の方

・企業で社会貢献、シニアマーケティング,バリアフリーなどシニア向け商品・サービスの企画開発等に携わっておられる方

・コミュニティビジネスやNPO活動に取り組んでおられる方等々

 

▽懇親会

どなたでもお気軽に、ご参加下さい。

新しい出会いをつくり、お互いの親交を深めて頂ける場です。ご参加頂いた皆様同士、親しく、そして楽しくご歓談頂きながら、有意義なひとときをお過ごし下さい。また、余興など楽しい催しもご用意致しております。どうぞ、どなたでもお気軽にご参加下さい。

 ■懇親会会場:日本青年館宴会場『アルデ』

 ■懇親会会費:5,000円

※ご昼食:お昼には、お弁当をご用意致します。どうぞご利用下さい。

 ■昼食料金:1,000円

懇親会・ご昼食をご希望の方は、事前に下記口座に所定の金額をお振込頂けますようお願い申し上げます。尚、振込手数料はご負担下さいますようお願い申し上げます。

 

▽申込方法

下記いずれかの方法でお申込み下さい。

(1) FAXまたは郵送でのお申し込みの場合

  こちらより申し込み用紙をダウンロードして必要事項をご記入の上、

  FAXまたは郵送にてお申込み下さい。

(2) ウエッブサイトよりお申し込みの場合

  この専用フォームよりお申込み下さい。

※宿泊の手配は事務局では致しかねますのでご承知おき下さい。

 

▽申込締切:平成21年2月8日(日)(郵送の場合、当日消印有効)

   申込締切後「参加証」をお送り致します。

   なお定員に達した時点で締め切らせていただきますのでご了承下さい。

▽お振込み先

  三井住友銀行 日比谷支店 普通口座

  口座番号:8322576「シニアネットフォーラム21 事務局」

▽お振込み期限:平成21年2月8日(日)

 

▽お問い合せ:

「シニアネットフォーラム21 事務局」

 〒100-0013東京都千代田区霞が関1-4-2 大同生命霞が関ビル18階

 日本コンベンションサービス株式会社内(堀内、西村)

 TEL03-3508-1213 FAX 03-3508-0820

 e-mail snf21@convention.co.jp

 

詳細はこちらから

シニア社会学会2006年度定時総会・研究発表大会(2005/5/12掲載)

【シニア社会学会】

 

テーマは『人口減少時代における仕事と生活の調和を目指して』です。

場所は、東京・銀座東武ホテルで、懇親会を昼に設定、昼食代も含め、会費は5000円 (ビュッフェ・スタイルの懇親パーティ飲食代を含む)です。

福原会長は、基調講演後、懇親会にも参加されます。皆様ふるってご参加下さい。

会員以外の一般の方も歓迎します。申込み方法は、末尾のシニア社会学会・事務局へ、電子メールかFAXでどうぞ。

 

日時:2006年6月5日(月)午前10時から午後6時

≪第1部≫定時総会<シニア社会学会会員のみ> 10:00~10:50

≪第2部≫研究発表大会 (会員以外の一般の方も大歓迎です)

□基調講演:福原 義春氏(当会会長・資生堂名誉会長) 11:00~12:00

『ワーク・ライフ・バランスを求めて~人口減少時代に~』

□福原会長を囲む「懇親交流会」 12:10~13:50

□シンポジウム 14:00~16:00

『仕事と私生活の共存を目指して~ワーク・ライフ・バランスを考える~』

コーディネーター

  袖井 孝子氏(お茶の水女子大学名誉教授・当学会副会長)

シンポジスト

  麻田 千穂子氏(厚生労働省職業家庭両立課長)

  榊原 智子氏(読売新聞東京本社生活情報部・当学会理事)

  龍井 葉二氏(連合・総合人権男女平等局長)

  森 まり子氏(東京商工会議所産業政策部労働担当長)

コメンテイター

  佐藤 博樹氏(東京大学社会科学研究所教授)

□会員による事例・研究発表 16:10~18:00 (8名の方が発表予定)

 

シニア社会学会・事務局(月・水・金オープン)

e-mail:jaas@circus.ocn.ne.jp

電話&FAX:(03)5778-4728

地域創造ネットワーク・ジャパン(2005/4/27掲載)

【地域創造ネットワーク・ジャパン】

 

「シニアを中心として自助・共助による「参加型福祉」の増進及び地域創造力の拡充をはかり、コミュニティ形成に寄与する。このために全国レベルでの多様な協働を促進するとともに、地域エリアセンターを多数設置していく。このことによって、支援の必要な人々の人権が守られ、自由や民主主義を内実あるものにし、また、環境の保全や地球上のどこに住んでいても平和と自然との共生を享受できる「宇宙船地球号」の実現に寄与する。」という目的で、NPO法人地域創造ネットワーク・ジャパンが設立されました。

 

詳細はこちらから

第44回建築人間工学研究会「日常生活事故を科学する-浴室内の事故-」(2005/4/15掲載)

【日本建築学会建築計画委員会建築人間工学小委員会】

 

建築人間工学小委員会では,昨年度から統一テーマとして「日常生活事故」をあげています。今回は,家庭内での不慮の事故死の第1位である浴室に注目し,浴室内の事故とその対策について,各方面の専門家にお話いただき、討議をする機会を計画致しました。皆様の参加をお待ちしております。

▽日時:平成17年5月19日(木曜日) 13時~17時

▽会場:日本建築学会会議室

    東京都港区芝5-26-20

▽内容

1.監察医の目線から:濱松晶彦氏(東京都監察医務院)

  浴室内の事故(子どもを除く)における死亡原因,問題点とその対策について

2.子どもの目線から:今井博之氏(吉祥院こども診療所)

  子どもの溺死事故の約半数が浴槽で起こっているわが国特有の現象について

3.設計者の目線から:中村好文氏(レミングハウス)

  浴室内での自らの事故の経験から,不測の事態を予測することについて

4.研究者の目線から:後藤義明氏(積水ハウス)

  -浴室内での事故を防ぐためのユニットバスや緊急通報システムなどの現状とその成果について

司会:斉藤芳徳(川崎医療福祉大学)

趣旨説明:吉村英祐(大阪大学)

▽参加対象:建築学会会員外の皆様の多くの参加もお待ちしております。

▽定員:40名(申し込み先着順)

▽参加費:

会員/2,000円、登録メンバー/2,500円

会員外/3,000円、学生/1,000円(※資料代含む)

▽参加申込方法:

参加を希望されるかたは、催し物名称、氏名、勤務先・所属、電話番号、Eメールアドレスを明記のうえ、FAX(03-3456-2058)またはEメールで、日本建築学会事務局研究事業部・森田進<morita@aij.or.jp>までお申込みください。

 

詳しくはこちらから

シニア社会学会第3回定時総会(2004/5/28掲載)

【シニア社会学会】

 

▽日時:6月19日(土)10:30~17:00 ▽場所:早稲田大学・大隈小講堂

   (東京メトロ東西線早稲田駅より徒歩5分)

▽スケジュール概要

 ■第3回定時総会   10:30~11:00(会員のみ)

 ■第3回研究発表大会 11:00~17:00 (参加費:1000円、会員以外の一般の方の参加歓迎)

(1)「次世代育成支援に関する要望と提言」

   報告と対談 11:10~12:10 ○世代間連帯へ小さな一歩・大きな願い~次世代育成支援研究会から

  報告者:沖藤典子氏(ノンフィクション作家・当学会理事)

 ○対談:厚生労働省前雇用均等・児童家庭局長 岩田喜美枝氏(資生堂・常勤顧問)

(2)「年金問題を考える」シンポジウム 13:10~15:40 ○"どうなる年金・どうする年金!"~マスコミが採点する年金改革

  コーディネーター

    袖井孝子氏(お茶の水女子大学客員教授・当学会副会長)

  パネリスト

    稲葉康生氏(毎日新聞・論説委員)

    淵膳好氏(川崎医療福祉大学教授・前産経新聞論説委員)

    榊原智子氏(読売新聞・解説部)

    松浦新氏(週刊朝日・編集部)

    渡辺俊介氏(日本経済新聞・論説委員)

(3)会員による研究・事例発表 15:50~16:50

 

詳しくはこちらから

シニア社会学会第2回定時総会(2003/5/30掲載)

【シニア社会学会】

 

▽日時:2003年6月21日(土)  受付開始 10:00 ▽場所:早稲田大学・15号館 第202号室 

(東京都新宿区・早稲田大学構内北門そば)

▽内容:

◆第1部 第2回定時総会 10:30~11:10<シニア社会学会会員のみ> 

◆第2部 第2回研究発表大会 <会員以外の一般の方も歓迎>

  参加費:会員・一般の方とも1000円(資料代)

(1)記念講演 11:30~12:20 テーマ:「高齢者の地域活動と社会貢献」~~8割以上の老人は自立している!~~

      柴田 博 氏      (桜美林大学・文学部健康心理学科教授、医学博士、当学会会員)

(2)研究報告 13:10~14:40 (3)分科会  14:50~16:50

 

詳しくはこちらから

日本福祉介護情報学会第三回研究大会のご案内(2003/1/10掲載)

【日本福祉介護情報学会/東京都高齢者研究・福祉振興財団】

 

▽テーマ:『福祉介護情報提供の新段階

         ~第三者評価、苦情解決、情報開示は新しい福祉の地平を切り開くか~』

▽日 時:2003年1 月25日(土)午前10時~午後5時

▽会 場:東京都高齢者研究・福祉振興財団多目的室

      〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸1-1 セントラルプラザ15 階

      (JR飯田橋駅隣接、地下鉄飯田橋駅B2b 出口

▽記念講演:「福祉経営と情報~情報提供、情報開示、第三者評価を考える~」

        宮内忍氏(日本公認会計士協会常務理事、新日本監査法人代表社員)

▽パネルディスカッション

    「福祉介護情報提供の新段階

    ~第三者評価、苦情解決、情報開示は新しい福祉の地平を切り開くか~」

▽参加申込

(1)参加対象本学会会員にかかわらず、関心のある方であればどなたでも参加できます。

(2)参加申込E-mail もしくはハガキ・ファクシミリに必要事項を記載の上、お申し込みください。

【記載事項】氏名、所属、連絡先(郵便番号・住所・電話)、E-mail アドレス、懇親会出席の有無

(3)参加費

会員1,000円 非会員(一般)5,000円 非会員(学生)1,000円

「高齢社会をよくする女性の会全国大会・富山」大会報告集刊行!!(2002/11/22掲載)

【高齢社会をよくする女性の会】

 

刊行にあたって (本文より抜粋)

 21世紀の最初の2001年、記念すべき第20回全国大会・富山の報告集が刊行いたしました。

 大会自身の意味がそうであるように、常に高齢化に関して、今問題になっていること、今言わねばならないことを、その一年の総決算として洗い出しています。

 今回久しぶりに、会員手作りの報告集となり、大会のほぼ全体を割愛せずに収録することができました。これまでとこれからの大会を重ね合わせつつ、日本の、いや世界の高齢化を読みとき、想像につなぐ情報をここから得て頂ければ幸いでございます。

 

A4版・164ページ

頒価1冊 1,000円、送料込みで1冊 1,200円(1,310円のところ)

お申し込みは、事務局まで電話・FAX・ハガキで。

 

高齢社会をよくする女性の会事務局

住所:〒160-0022 東京都新宿区新宿2-9-1-802

TEL:03-3356-3564(月・水・金)

FAX:03-3355-6427

E-mail:wabas@eagle.ocn.ne.jp

 

詳しくはこちらから

→ページのトップへ戻る